LS人材| 求職者支援訓練 神奈川県9月開講「貿易実務科」就職支援

求職者支援訓練 神奈川県令和4年9月開講「貿易実務科」

主に雇用保険を受給できない求職者の方が、職業訓練によるスキルアップを通じて早期に安定した就職を目指すための制度です。
受講料は無料(テキスト代等は自己負担)で、訓練終了後もハローワークが積極的に就職支援を行います。
一定の要件を満たす方には、訓練期間中「職業訓練受講給付金」を支給します。
職業訓練受講給付金を含む求職者支援制度のご案内はこちらへ
このページの下にあるバナーやQRコードからもご確認できます。

就職支援の内容と特徴

【開講1ヶ月目】

受講生ご自身の目標、計画、問題、問題に対する対策をはっきり認識でき、学習意欲と就職に対する自信を高めるために、 開講1ヶ月目には、ヒアリングとキャリア・コンサルティングを中心に就職支援を実施します。全員に個人面談を実施し、 今までの経験、保有資格などの現状と取得予定の資格、希望業種・職種、今後の方向性、就職時期などを確認し、 現状と希望の間にズレがあるかどうか、問題点があるかどうか、問題に対してどのような対策を取っていくか、 目標を達成するためにどのような計画を立てるか等について受講生と話し合います。

【開講2ヶ月目と3ヶ月目】

履歴書と職務経歴書作成、特に自己PR方法を指導します。 1ヶ月目の個人面談を通じて把握した受講生個々の希望の職種、就職時期、雇用形態などを踏まえ、ハローワークに公開されている求人情報と共に、 数多くの正社員・契約社員・派遣社員を求める求人案件を開拓し、適材適所の原則に沿って、求人企業と求職者双方のニーズにフィットしたマッチングを行い、実のある就職支援を行います。また、訓練3ヶ月目に於いては、面接の指導、 中途採用質問分析と対応方法の指導に重点を置き、就活の実践力と即戦力の向上に努めております。

【訓練修了後3ヶ月以内】

引き続き、キャリアコンサルティング、求人情報の配信、面接指導、お仕事のご紹介などを中心に就職支援を行います。

貿易関連職種のキャリアパス

【現在の問題や悩み】

・商社などの貿易関連企業に就職したいのですが、ビジネス英語力に自信がなく、不安を感じている。。
・一般事務や販売などの経験があるが、より自分の能力を発揮できる専門性の高い職を挑戦したい。
・英語を生かす貿易関連企業へ就職転職したいですが、知識や経験がない。

【キャリアアップを図り、解決の具体策】

・国際ビジネス文書を中心に、英語実務力を高める。
・英語力を高め、貿易実務に関する基礎知識を系統的に学習し、貿易実務検定の資格を取得し、国際ビジネスに必要な実務能力と即戦力を身に付ける。
・労働市場のニーズを把握し、自身の強みと弱みを見極め、労働市場と自身の両方のニーズにマッチした職に就く。

【国際ビジネスの分野へ就職に有利な資格】

貿易関連職に有利な資格 (貿易実務検定)
・C級:概ね、1〜3年のレベルです。定型業務をこなすために必要な知識があることを証明するレベル。
・B級:概ね、1〜3年以上の実務経験のレベルです。貿易実務経験者の中堅層を対象。

日商ビジネス英語
・2級:就職前あるいは就職後1〜2年以内に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーション能力を有する。海外企業や外資系企業との取引で実際に使われている英文電子メール、英文レター、企画書や報告書の作成、国際マーケティングなどの実務能力を測る
・3級:就職前に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力を有する。英語でのビジネス文書作成や海外取引を行ううえで、最低限のビジネス英語力を測る。

【過去の公共職業訓練「貿易実務科」の就職実績】

求職者支援訓練 令和3年4月生
受講者20名、修了者18名
就職者14名

【関連資格取得状況】

求職者支援訓練 令和3年4月生
貿易実務検定 C級 合格者数 14名(受験16名)